マインドフルネス

瞑想を学ぶ・活かす

愛と慈しみの瞑想 やり方と危険性・注意

慈悲の瞑想と言われ取組まれているもので、マインドフルネスストレス低減法という方法の「愛と慈しみの瞑想」の場合やそれを加工したようなものの場合があり危険な場合もある。参考に愛と慈しみの瞑想のやり方とそのプラス面とリスク・危険性についてお話しします。
瞑想を学ぶ・活かす

マインドフルネス瞑想と慈悲の瞑想の関係

意外とちゃんと知らない人が多いですが、あなたはマインドフルネス瞑想と慈悲の瞑想はどんな関係があるのか、つながりがあるのか知っていますか? きちんと知っていると、両方それぞれをしっかりとできるようになるために役立ちます。相乗効果で高い効果を得られます。
瞑想を学ぶ・活かす

手動瞑想とは 効果・やり方【動画付】マインドフルネスの気づきの開発

瞑想指導者の森信人です。このページでは手動瞑想とは何かとやり方をご説明します。 手動瞑想は、マインドフルネスにとって大切な気づきの力の開発を効果的にできる瞑想法ですので、私のしている講座でも取り入れています。オンライン講座につい...
瞑想を学ぶ・活かす

マインドフルネス瞑想で瞑想難民にならないために欠かせない4項目

前ページの関連記事では、7タイプの瞑想難民の状態と原因を説明しました。 では、どうしたら瞑想難民にならずにマインドフルネスの本当の効果を高く得られるようになれるのか。欠かせない4つのことがあります。 瞑想難民にならない...
瞑想を学ぶ・活かす

私がヴィパッサナー瞑想をミャンマーで修行して得た変化や効果について

言葉で表現することは難しいことですが、参考にお話しさせていただきます。 私は、坐禅を禅僧として修行し、それから本来のマインドフルネスの瞑想の気づきの瞑想のヴィパッサナー瞑想のボディスキャン型のゴエンカ式というものと、本来の集中の...
瞑想を学ぶ・活かす

マインドフルネス瞑想で瞑想難民が増加、その状態・原因とは

日本では、マインドフルネス瞑想をしていてもマインドフルネスならではの本当の効果を得られている人は、実はわずか数パーセント。瞑想難民が多くなってきています。 瞑想難民とはどういう状態か、どうしてそうなってしまうのか、ならないためにはど...
瞑想を学ぶ・活かす

仏教の瞑想を知るとマインドフルネス瞑想がレベルアップできます

仏教というと敬遠する人も中にはおられますが、マインドフルネス瞑想はそもそもは仏教の瞑想のことだとご存知な人も日に日に増えてきました。 マインドフルネス瞑想は、もともと仏教の瞑想で、それをストレス緩和や心理療法、ビジネスなどを目的に加...
瞑想を学ぶ・活かす

マインドフルネス瞑想と坐禅の違い 両方の修行者が説く真実

私は禅僧で、マインドフルネス瞑想の根本の瞑想もミャンマーで修行しました。 そういう私からすると、日本でマインドフルネス瞑想が坐禅と同じようなやり方で説明されていると疑問を持ちます。 マインドフルネス瞑想は、坐禅とは違う、坐禅で...
瞑想を学ぶ・活かす

マインドフルネス瞑想は危険、逆効果、効果がないという情報は事実?

マインドフルネス瞑想は、ブームのようになっていましたが、目先の実利を求めている、効果がない、危険、かえって良くなくなるというような情報が流れるようになりました。 実際はどうなのか。事実はどうなかの。マインドフルネス瞑想は本当にそうな...
仏教を学ぶ・活かす

ブッダの重要な教え「不放逸」=マインドフルネス 板橋禅師との思い出も

仏教では不放逸(ふほういつ)でいないことが大事と言われます。不放逸は流行して知る人の多くなった「マインドフルネス」と同様のことでもあります。 お釈迦様は弟子たちに次の遺言をされて亡くなりました。 比丘たち、今...
PAGE TOP
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました