慈悲/慈悲の瞑想

瞑想を学ぶ・活かす

愛と慈しみの瞑想 やり方と危険性・注意

慈悲の瞑想と言われ取組まれているもので、マインドフルネスストレス低減法という方法の「愛と慈しみの瞑想」の場合やそれを加工したようなものの場合があり危険な場合もある。参考に愛と慈しみの瞑想のやり方とそのプラス面とリスク・危険性についてお話しします。
瞑想を学ぶ・活かす

慈悲の瞑想の本来のやり方(全文付)と取組み方を注意点と共に説明

慈悲の瞑想の方法を正しく知りたいと思いませんか。正しく安全で効果のある慈悲の瞑想の方法、やり方・取組み方をできるように説明します。やり方の根本的な点からスマナサーラ長老などの全文とその唱え方、日々、どのように取組んだらよいのかわかります。
瞑想を学ぶ・活かす

慈悲の瞑想は「私」が主語の文が本当に一番重要?

慈悲の瞑想について質問がありました。「私」を主語にする文を唱えることが一番重要なのですか、それができないと他に進んではいけないのですかと。慈悲の瞑想についての様々な情報が流れるようになっていますがお答えします。
瞑想を学ぶ・活かす

慈悲の瞑想の本来とは違うやり方【危険性】リスク

知らずにしてしまうと危険もあります。お金も無駄にしてしまうこともあります。慈悲の瞑想と言いながら違う方法・やり方のものがされ、それは心理的・社会的リスク・危険もあります。どんなリスク・危険があり、どういうやり方のものかご説明します。
瞑想を学ぶ・活かす

慈悲の瞑想の重要知識 慈悲は四つの心の四無量心で

仏教は慈悲が大事と言いながら、実際にしていることは慈悲になっていないことが多いのが現実。それは慈悲を正しくは理解できていないから。慈悲はこの四無量心で正しい理解ができます。慈悲の瞑想の実質的な効果・成果を高く得るためにも知っておきましょう。
瞑想を学ぶ・活かす

慈悲の瞑想【記事まとめ】基礎知識、やり方、効果、危険性ほか

このサイトには、慈悲の瞑想に関する記事を数多く掲載しています。 やり方・取組み方はもちろん、慈悲の瞑想をよりレベルを高く取組めるようになる知識、慈悲の瞑想ではないのに慈悲の瞑想と言われているものに取組んでしまって危険なことに...
瞑想を学ぶ・活かす

慈悲の瞑想 無財の七施で慈悲の実践も

慈悲は大切とは思っていても、実際にどんなことをしたらいいのか。基本の基本として参考になる無財の七施を知っておきましょう。お金はかからずら大いなる果報を得られると説かれていることでもあります。
瞑想を学ぶ・活かす

慈悲の瞑想の【すごい効果】を本当に得る方法とは

効果を説明します。流行すると人が飛びつきそうな効果があると言われるようになる傾向があります。それも簡単にその効果が手に入るというように。慈悲の瞑想、マインドフルネス瞑想も例外ではありませんが、そういう情報にひかれて取組んでみたけれど効果が得られないと悩む人がいる…という実態もあります。
瞑想を学ぶ・活かす

慈悲の瞑想の取組み・効果に大事な元の【慈経】

慈悲の瞑想に取組むようになって、レベルの高い人は慈悲の瞑想の元の慈経(じきょう)に興味を持つようになって知識を持つようになります。それは慈悲の瞑想をより深く実践できるようになるため、実質的な効果を高く得るために役立つことです。慈経とは何かと日本語訳と原文を紹介します。
瞑想を学ぶ・活かす

マインドフルネス瞑想と慈悲の瞑想の関係

意外とちゃんと知らない人が多いですが、あなたはマインドフルネス瞑想と慈悲の瞑想はどんな関係があるのか、つながりがあるのか知っていますか? きちんと知っていると、両方それぞれをしっかりとできるようになるために役立ちます。相乗効果で高い効果を得られます。
瞑想を学ぶ・活かす

慈悲の瞑想とは【由来・ルーツ】

ここまで知ってしているかで差がつく慈悲の瞑想の知識を。最近になってする人が増えてきた慈悲の瞑想ですがもともとどういう由来・歴史のものなのか。元になった経文や考えも知っていると、よりいっそう質・効果が高くできるようになれます。
PAGE TOP
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました