500円講座より

方便ではない本来のマインドフルネスとはを知って本当のマインドフルネスに

このページは、マインドフルネスの500円講座からの転載です。講座は全体で35項目以上、動画が5本あります。全体の利用はご案内をご覧ください … 続きを見る >

本当のマインドフルネスになるためには次のことも気をつけましょう。

前ページのDoing、Beingのマインドフルネスとわけた理解に、次の理解も本当のマインドフルネスになるために役立ちます。

方便と本来のマインドフルネス

2つには大きな差があります。

方便のマインドフルネスとは

現在の自分のまま、意識的に今この瞬間の体験を注意集中して、評価・判断せず、とらわれのない状態で気づくようにと思ってして、マインドフルネスをしたと言います。Doingのマインドフルネスです。

見る、感じる、聞く、書く、食べるなどを、注意集中して思考や感覚などを把握するようにしてすることを「マインドフルネスをする」「〇〇マインドフルネス」等と言います。

たとえば、食べ物を食べるとき、食べ物をしっかり見て触れて把握しよう、味を把握しようとしたりします。普段との違いをすぐわかるので、マインドフルネスの講座やセミナーなどでよく行われて、した人はこれがマインドフルネスかと感動したりするものです。

そして、これは方便と理解しないでいると、本当のマインドフルネスになるための弊害となる可能性もあります。

本来のマインドフルネスとは

苦しむことから解放され、安心・豊かな幸福な人生になれる本当のマインドフルネスは、方便ではなく本来のマインドフルネスによるものです。本来のマインドフルネスはBeingのマインドフルネスの人ができます。

後のページで説明しますが、現在の自分のままでは形としてはできても、実際には評価・判断せず、とらわれのない状態で、ありのまま気づくことはできません。本当にはマインドフルネスはできません。

本来のマインドフルネスは実際に評価・判断せず、とらわれのない状態で、ありのまま気づくことができる、本当のマインドフルネスができています。

マインドフルネスは能力を開発する必要がある

本当のマインドフルネスは、能力を開発して、本来のマインドフルネスができるように自分を変える必要があります。

なぜ、マインドフルネスにマインドフルネス瞑想があるのか。現在の自分のままですむなら、マインドフルネス瞑想がある必要はありません。

マインドフルネス瞑想に取組んで、能力を開発して自分を変えて、本来のマインドフルネスをできるようになることが大事です。

そして、Beingのマインドフルネスの人になること、本来のマインドフルネスをできるようになることを目指すと、物を見る、動作をする、聞く、書く、食べるなどの取組みをするときも方便のマインドフルネスのやり方とは異なるやり方になります。

このコースに続くの講座のコースでも食べる瞑想や日常の動作の気づきの瞑想などがありますが、異なるやり方をします。本来のマインドフルネス瞑想のやり方をします。

そうして取組んでいって、気づきの習性・力が養われ、内的な変化も起きると本来のマインドフルネスができるようになり、実際に評価・判断せず、とらわれのない状態で、ありのまま気づくことができるようになります。

未使用
このページは、マインドフルネスの500円講座からの転載です。講座は全体で35項目以上、動画が5本あります。全体の利用はご案内をご覧ください … 続きを見る >
瑞雲庵