瑞雲のマインドフルネスの講座の特徴

とても残念ですが、日本ではマインドフルネス瞑想をしていても、「本当」のマインドフルネスの効果まで得られている人は、実は数パーセントしかいません。

リラックスできる、集中できる、心が安定したなど程度の効果やまったく効果を得られていない人が多く、瞑想難民と言われる状態になっている人も増えています。

こうなってしまっている原因・問題点は7つあります。

今から7つの問題点を説明しながら、瑞雲のマインドフルネスの講座の特徴を説明します。瑞雲の講座は7つの問題をすべて解決するために8つの特徴があります。

正しくマインドフルネス瞑想をできるようになって本当の効果を得たい人へ

  

第1の問題点はどんな瞑想法をしているかという点です。様々なことややり方がマインドフルネス瞑想だと言われるようになっています。もう何でもありかと感じるほどです。

レベルの低いものや本物ではないものを選べば、結果はそういうものを選んだ結果になります。しかし、多くの人はこのこともあまりこだわらずにいます。

瑞雲の講座は

特徴1 本来のマインドフルネス瞑想をマスターできます

マインドフルネス瞑想として最も確実で効果の高い本来のマインドフルネス瞑想をマスターしてできるようになれます。マインドフルネスの原点の瞑想法をマスターできます。それが最も確かだからです。

そして、本来のマインドフルネス瞑想のやり方はけして難しいものではありません。

マインドフルネスは最近のもののようですが1881年に仏教の正念(しょうねん)のことが英訳されました。その正念の瞑想法が本来のマインドフルネス瞑想です。

近年になり流行したマインドフルネス瞑想の元はそれを医療用にアレンジしたもので、それがさらに形を変えられたり薄められたり、流行にのって全く関係ないもマインドフルネス瞑想と宣伝されるようになりました。

  

第2の問題点は、どんな人から教わっているかという点です。何でもそうですが、正しく適切にできるようになるにはどんな人から教わりますか。

流行にのってマインドフルネス瞑想を教える人は急激に増えました。様々なレベルの人が教えています。ネットにも情報を書き込んでいます。

本当にできるようになれるか、本当の効果を得られるかはどんなレベルの人から習うかで決まりますが、多くの人はあまり教わる人の本当の質にこだわっていません。職種や肩書などにも惑わされています。

瑞雲の講座の場合は

特徴2 マインドフルネス瞑想の本当のプロから習うことができます

この講座を開発してサポート指導も担当している私・瑞雲信人は、禅僧として僧堂修行をしたあと、本来のマインドフルネスの本格的な瞑想法を本場のミャンマーで修行もしました。

マインドフルネス瞑想による根本的な自己変容が起きるまで本場で、様々な体験をして修行しました。そして、近年流行しているマインドフルネス瞑想も習得した者です。

知識程度や多少どこかで習って、いくらか取組んで教えているのではなく、本来のマインドフルネス瞑想を修行して、多くの貴重な体験とひじょうに高い効果を得た上で教えています。

  

さて、確実で効果の高いものをプロ中のプロから習える、それでバンザイというわけにもまだいきません。第3の問題点はどんなプログラムで学ぶかという点です。

瞑想の力はいっときやいっきにつくものではなくて、じょじょにつくものです。しかし一般的にはどうでしょうか。日本ではわずかな理論と瞑想法を一日や数日、数回で教えていることがほとんどです。

それでは本当にできるようになり効果を得るのはとうてい無理です。本当にできるようになり本当の効果を得るには、ある程度の期間をかけ、しだいに知識や瞑想の方法のレベルをあげて、しだいに力をつけていく必要があります。

瑞雲の講座は

特徴3 正しい習い方、継続的な期間で段階的に習えます

段階的・体系的に、合理的に基礎から上級までしだいにレベルの高い理論と瞑想法を配置して構成したプログラムになっています。

ここまで考えられたていねいなプログラムは他にはないはずです。そして

選べるコース

基礎・中級編コースは5つのステップで、マインドフルネス瞑想を効果を高く正しくできるようになるための基礎的な理論の取得と取組みからはじめて、日本で一般にされているマインドフルネス瞑想のやり方以上のマインドフルネス瞑想をできるようになれます。
総合編コースは8つのステップで、基礎・中級編コースに加えて本場で修行するような本格的なマインドフルネス瞑想まで適切に効果が得られるようにできるようになり、知識も本格派のマインドフルネス瞑想家と言われるようなものを取得できます。

いずれも理論も瞑想のやり方もひじょうにていねいに詳しく説明されています。本場で修行もして多くを体験し高い成果を得たマインドフルネスのプロ中のプロならではの説明になっています。

できるようになれる瞑想の種類も豊富です。(詳細はそれぞれのコースの説明のページをご覧ください)

  

問題点の4番目は、日本では複数の人が一緒に同じ内容を同時に受講して進んでいく形式がほとんどですが、マインドフルネス瞑想はそういう習い方でよいのかという点です。

問題点の3の瞑想の力はじょじょにつくということもそうですが、マインドフルネス瞑想は人それぞれ取組める量、力のつく速さ、現れてくる状況が違います。ですから正しい教え方・習い方は個人別です。

本場では複数の人が同時に一緒に同じことを習いながら進むということはありません。

瑞雲の講座は

特徴4 正しい習い方、個人ごとの進行で習うことができます

本場では、個人別で次の1~3のサイクルを回していきます。この講座は本場と同様の習い方ができます。

  1. 瞑想についてや瞑想のやり方を学ぶ
  2. 自分のペースで瞑想に取組む
  3. サポート指導を受けて、取組みが適切にできているかのチェックやアドバイスを受ける。次の段階に進む判断をもらう
  

そして第5の問題点は、本場では上記のようにサポート指導がありますが、継続的な個人別のサポート、フォロー指導があるかということです。

日本ではしてくれるところはほぼありません。それは正しくレベルを高くできるようになれていない人がとても多く、瞑想難民という状態になっている人も増加している最大の原因・問題です。

本場ではトップのサヤドー(長老)自らが毎週の週に2回から3回、個人別のサポート指導をしてくれます。マインドフルネス瞑想のマスターはそうする必要のあるものだからです。

瑞雲の講座は

特徴5 正しい習い方、サポート指導を無期限で受けられます

マインドフルネス瞑想は取組んでいくと人それぞれ様々な状況になります。安全に正しく本当の効果を得るためには、適時、取組みの工夫をしないと進んでいけませんし危険な場合もあります。

ですから、マインドフルネス瞑想を教える時・習う時にプロによるサポート指導があるのは本来は当然のことです。

瑞雲の講座は、カウンセラー、コーチングのコーチでもあり、本場で本来のマインドフルネス瞑想を修行もした禅僧の私から、いつでもていねいなサポート指導をメールやZoomで受けられます。受けられる期限もありません。

  

第6の問題点は、一般の生活をしながら習得できる仕組みになっているかという点です。

通常の生活をしながらだと、一般的な教え方・習い方のような、決められた日時に1日でも数日でも時間をつくることも困難な場合があります。困難だから安易に教える、安易に習おうとするものがほとんどなのでもあります。

でも、それではマインドフルネス瞑想を本当にできるようになって、マインドフルネスの本当の効果を得ることはできません。

通常の生活をしながらマインドフルネス瞑想をできるようになるには、通常の生活をしながら十分に学べて、取組むことも可能な工夫が必要です。

瑞雲の講座は

特徴6 いつでもどこでも学べるオンデマンドのオンライン講座

テキストや動画講義、聞きながら瞑想のできる音声ガイドはすべて受講用のWebサイトに収められています。インターネットがつながりスマートホンやパソコン、タブレットがあれば、いつでもどこででも学ぶことができます。

サポート指導はメール、電話、Zoomで受けることができます。受講の期限もありません。できるようになるまで効果を得られるまで大丈夫です。

また、瑞雲の講座は2018年にスタートしてバージョンアップをし続けていますが、Webサイトを使用しているので、講座内容がバージョンアップするとバージョンアップしたものを利用していただけます。

特徴7 日常生活の中でできる様々なやり方を持てる

瑞雲の講座では、マインドフルネス瞑想を継続して、力をつけていかれるように、日常生活の中でマインドフルネス瞑想を訓練できたり、役立てられる方法を持てるようになっています。

たとえば、受講をはじめて2週間もすると、日常の中でマイナス思考から抜け出せたり集中して物事に取組める方法をもてます。1カ月もすると自分で自分を癒せる方法もできるようになれます。

これらの方法は暮らしに具体的にすぐ役立ち瞑想の力をつけることにも役立ちます。

  

第7の問題点はお金の問題です。マインドフルネス瞑想は流行するようになり、ビジネスチャンスととらえられるものにもなって、様々な人、組織が取り扱うようになりました。

教えている料金が高額なものも出てくるようになり、わずかな理論と瞑想法で数万円もします。個人別指導となると1回1時間で1万円以上というケースもあります。

お金がかかりすぎるという理由もあって、安易な方法を選んで取組む人が多くなり、また、マインドフルネスはとてもお金のある人のもののようにもなってきています。

瑞雲の講座は

特徴8 これだけの特徴と内容でこの料金設定

以上の7つの特徴があり、次のページ以降で紹介しているようにひじょうに充実したカリキュラムで、ていねいな個人別のサポート指導もあります。

それで、瑞雲の講座のような料金の講座やセミナーが他にあるでしょうか。

より多くの人に、マインドフルネス瞑想を正しくできるようになって、本当のマインドフルネスの効果を得て、安心・幸福に生きられるようになっていただきたい、そう願って運営されています。

各コースの内容へ

どうぞ、それぞれのコースの内容をご覧になってみてくたださい。